ルビーの赤に近いピンクトルマリン。「愛の石」とも言われています。

鑑別書には、天然トルマリン(天然ルベライト)と記載されています。

ルベライトの語源は、ラテン語の「ルベルス(ルベリウス)/rubellus」からで、ルビーも同じ語源。

ですので過去、ルビーとルベライトはよく間違わられることがあったようですね。

トルマリンといえば、なんといってもネオンのような青い独特な輝きを放つ、パライバトルマリン(Paraiba Tourmaline)が有名でとても人気がありますが、その次にルベライトは、藍色のインディゴライトと並んで価値が高い宝石なのです。

市場には、人工処理されているものが多く出回っているため、非加熱・無処理のものはとても希少です。

この度、入荷いたしました、

スリランカ産 天然トルマリン(天然ルベライト)、非加熱・無処理といった人工処理をしておりません。

1.866ct  8.5mm x 6.5mm で、インクルージョンがありますが肉眼ではほとんどわかりません。

透明度、テリ、輝き申し分ございません。逸品の宝石でございます。

トルマリンは10月の誕生石。

石言葉は、「希望」「無邪気」「潔白」… などがあります。

ピンクのトルマリンは、愛の石とも言われており、ルベライトは女性の魅力を高めるパワーストーンとしても人気があります。

女性性を高める素敵な宝石です!私も欲しくなってしまうくらい魅力的です。

気になる方はお問い合わせページ、もしくは下記LINEからお問い合わせくださいませ。

友だち追加